.

破産宣告にあたって持っている負債に関して保証する人を立てている場合には前もって相談をしておいたほうが無難です。再度、強調したいのですが、保証人となる人物が存在するときは自己破産の前段階によくよく考えた方がいいでしょう。その理由は破産手続きを出して免責されると、保証人が返済義務をみんな支払う義務が生じるからです。なので、破産申告の前段階で保証人になってくれた人にその内容や現状について報告してお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。これは保証人になってくれた人の立場からすると当然のことです。あなたが破産の手続きをすることによって、結果的に高額の借金が発生するのですから。そうなるとすれば、それからの保証人である人の選ぶ手順は以下の4つになります。1点目ですが、あなたの保証人が「すべて弁済する」という手段です。保証人自身がすぐにでも高額なお金を苦労することなく返すことができる貯金をたくわえていれば、この方法ができます。ただその場合は、自分で破産せずに保証人である人に立て替えてもらい保証人となる人に毎月返済するという形も取れると思われます。その保証人があなた自身と信頼関係にあるのならば、少しだけ完済までの時間を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。保証人がまとめて返金できなくとも、貸金業者も相談すれば分割での返金に応じてくれるかもしれません。保証人に債務整理をされると、貸したお金が全然戻ってこないリスクを負うことになるからです。その保証人がそのカネを代わって負う経済力がないなら債務者とまた同様にいずれかの負債の整理を選択することが必要です。続いてが「任意整理」による処理です。この方法の場合貸金業者と話し合いを持つことで、5年ほどの時間で完済していく形を取ります。弁護士事務所にお願いするにあたっての相場は債権者1社ごとにおよそ4万円。合計7社から借金があるとしたらおよそ28万円かかることになります。必要な債権者側との話し合いは自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが法的な知識がない方だと相手があなたにとってデメリットの多い案を勧めてくるので、注意しなければなりません。任意整理をするとしても保証人である人にお金を負ってもらうことになるのですから、時間がかかるとしてもその保証人に返していくべきでしょう。次の3つめはその保証人も破産した人と同様「自己破産をする」という選択です。保証人である人も債権者と同じように自己破産を申し立てれば保証人である人の負債も帳消しになります。ただその場合は、保証人である人が有価証券等を所有している場合は所有するものを没収されますし資格制限のある職務にある場合は影響を受けます。その場合、個人再生による手続きを利用できます。最後に4つめですが「個人再生による手続きを取る」ことです。マンション等の不動産を手元に残しつつ借金の整理を行う場合や、破産申告では制限がかかるお仕事にたずさわっている人にふさわしいのが個人再生制度です。これなら、住居する不動産は残りますし破産宣告の場合のような職種にかかる制限資格にかかる制限がかかりません。

Copyright (c) 2000 www.rainysmystics.com All Rights Reserved.