.

通常のはじめたばかりの人向けの外為の雑誌では「損失が生じた場面ではナンピンをして全体のコストを小さくする」等助言されているが、現実的にはそれは相当大きな引っ掛けがあります。北国の恵み 半月板

はじめに、ナンピンの方法に関して易しく説明します。外壁塗装 施工日程

例として1ドル100円でドルを買ったとします。いぶきの実

ドル買いだから円安に推移するほど利益が大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円までドル安が進んだとします。アトピスマイル 口コミ

その場合保持し続けたとしたら利益がでるためにはマイナス分、ドル高に動く必要があります。ロスミンローヤル 口コミ

投資家であれば、マイナスは早急に回復したいと願います。わきが チェック

この状況を変えるためはじめに売買したのと同じ量のドルを買います。シュープリームノイ

それで、平均の価格は1ドル=97.50円まで下げることができます結果として、2.50円の幅で円安に推移すれば損を失くすことが出来ます。ピューレパール

これが、ナンピン買いの方法です。ゼロファクター amazon

こういうふうに、ナンピン買いの方法を目にすると、「納得だ」という考えになるが、為替相場はそう簡単には問屋を卸してくれない。そばかす 消す

もとより、1ドル=95円以下にならないとは、予想できません。

仮定として、市場が強いドル安地合だったら1ドル=95円ではとどまらず更に一段の円高ドル安にいくリスクはあります。

仮に、97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル95円までドル安になったとしたら、ナンピンしたポジションにも、為替差損が生じます。

そういう状態では一番初めに取引したドルと合計で差損が生じます。

それほど、ナンピンは大変です。

であるなら、為替相場が自らの物語とは逆に進んでしまった場合、どういった手段で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

この場合選ぶべき道は多くはありません。

まずひとつめはあきらめて、損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、その時点で、あなたが保持しているポジションを小さくする事でもう一回市場が戻るのを待ち望むことです。

ずいぶん主体性のない術だとみる投資家もいるkもしれません。

だが、自分のポジションに損が生じた時、危険の少ない手段はこれよりいいものはありえません。

机上ではナンピン買いするという手法も効果的です。

だがしかしナンピンは、損をしている状態でポジションを縮小するどころかそれとは反対にポジションを積み増していく考え方です。

これでは、危険を回避することなど、無謀だと考えるべきです。

ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれません。

だがしかし、そうなる前に投資資金がショートしてしまいます。

Copyright (c) 2000 www.rainysmystics.com All Rights Reserved.